「下級武士の米日記 桑名・柏崎の仕事暮らし」加藤淳子(平凡社新書)

「下級武士の米日記 桑名・柏崎の仕事暮らし」加藤淳子(平凡社新書

 NHKアーカイブスの「幕末転勤物語 ~一五〇年前の家族日記~」に触発されて読んだ本。
 NHKの方は、ドラマ仕立てで桑名から柏崎へ転勤した武士の生活に注目した内容となっていたが、こちらの本は桑名、柏崎のそれぞれの下級武士の仕事、病など多岐にわたり比較、解説を行っておりなかなか読み応えがあった。

 この本は、江戸時代に書かれた桑名日記、柏崎日記の内容を追ったものである。この日記は交換日記のようなもので、桑名日記は父側が書き上げた日記であり、柏崎日記はもともと桑名で一緒にいた息子が柏崎に転勤して書いたものである。桑名、柏崎のそれぞれの仕事、生活、家族に関する情報を交換しており、江戸時代を知る一級の資料である。

 

1.取り立てに関するせめぎ合い
 江戸時代は米中心に動いている。柏崎側の息子(勝之助)側は主に年貢の取り立てを行っている。年貢の取り立てにもいくつかもの手続きがあり、簡単にはいかない。藩としてはできるだけ収入を大きくしたいため、取り立て量を多く見積もる。しかし、米が不作となるときは村側が減免を希望してくる。
 村側が減免を訴えても藩としては簡単にそのまま願いを受けるわけにはいかない。まずは実測を行って、決めることになるが、藩としては減収につながることはあまり、急いで行いたくない。ここでせめぎ合いが発生する。
 この話は逆の展開もあり、豊作の時は実測して増収を図りたいが、村側はそれを拒否したこともある。江戸時代でもこのようなことがあり、間に挟まれている勝之助のため息が聞こえてきそうである。

 

2.江戸への出張
 柏崎から江戸の出張をしているが、たまたま水野忠邦失脚のタイミングと重なっており、忠邦の屋敷にまで見学に行っている。昔から野次馬はいたのだろうけど売り物まで出ているのはなかなか興味深かった。

 

3.お見舞米の運送
 勝之助は、地震被害が発生した松代藩に対してお見舞米を運搬する業務にも携わった。これは米の運搬をする業務だが、この時代だと米を運搬するだけも大事業になる。実際に運搬する前に事前に経路に関する調整、米の保管の調整などを行っていく。調整事項は大変だが、運搬の際に米の量が減ることを見越して、多めに運搬することまで調整していることには驚いた。
 

仕事とは作業を進めていくことも必要であるが、調整を行っていくことも重要であり、これが下級武士の仕事であることが興味深い。この本を読み進めていくと技術的な差は大きくあるが、現代の仕事(調整)とあまり違わないことにびっくりされられる。

「きみは赤ちゃん」川上未映子(文春文庫)

 「乳と卵」で芥川賞を受賞した著者の出産、子育てに奮闘する姿を描いたエッセイ。
 去年世界クッキーを読んだ後からエッセイつながりでこの本を読みたかったけど、なかなか手を出せずにおり、今回の文庫化を機に手に取ってみた。
 妻が出産・育児エッセイマンガを読んでいてそれを借りて読んで、「私たちは繁殖している(内田春菊)」、「ママはテンパリスト東村アキコ)」をよく読んでいた。
 とにかく子供を産むのは大変なのだけれど、初めての経験だと真剣にやってはいてもどうしても面白おかしい体験があり、またはっと考えされられる出来事がある。
 マンガだと面白おかしい部分が先行しているが、この本では母としての考えが前面に出ている部分があり、考えされる場面が多かった。
 特に「なんとか誕生」の最後でひとの存在から息子のことを考えている部分の下り、「人生は悲しくてつらいことのほうが多い」というのは印象深く残った。自分のこれまでの人生を考えても悲しくてつらいことの方が多く、なかなか楽しめる機会が無かった。仕事も悩みに悩んで答えを出してもそれがうまくいかないこともある。あまり深く考えずにやったことが後で大問題となったこともある。どれだけ長く働いても報われない。こつこつ積み重ねていくしか無い。
 自分の子供にも同じような思いをさせるのであれば本当は生まれてこなかった方が良かったのかもしれない。しかし、大変なことがあったとしても、生まれてこないことより生まれてきた方が良かったと思えるようになってもらいたい。自分の子供にもそのような考えを持っている。

 後半の髪の毛の話で、思い出した話があった。
 3~4歳くらいだった娘をお風呂に入って、髪の毛を洗っていたところ、書かれているような「うっすらとした墨汁が吸い込まれていく」経験をしたことがあった。これは娘が日中にハサミで髪の毛を切ったらしく、髪を洗った際に一気に抜けて手に髪がわっさり残った。普段驚いてもなかなか声に出すことは無いが、このときばかりは「あー!」って声を出してしまった。エッセイでは母の髪の毛の話だが、なぜか思い出してしまった。

 それにしてもやっぱり出産・育児の実録本は面白い。今後もいろいろな人の経験を読んでいきたいと心から思う。あと、この本の中で「乳と卵」に言及しており、良く謝罪をしていた。お詫びしながら、小説と現実の違いを説明し、もしかしたら巧妙な宣伝かもしれないけども、読みたくなってしまった。今度買ってみよう。

 

「ショーシャンクの空に」

ショーシャンクの空に

妻と結婚して半年ほどたった頃、仕事の山場を越えてあまり忙しくない時期がありました。
夜、妻と2人でDVDを借りてきて映画を見ることにしました。
自分はあまり映画に詳しくない人間で主に妻が選んだものを2人で見ることにしました。最初に選んだのがこの「ショーシャンクの空に」でした。

この映画は裁判の法廷のシーンから始まります。主人公はとある銀行の副頭取、殺人の容疑がかけられています。
判決が下り、刑務所へ収監されます。そこから彼の戦いが始まります。最初は暴力の危険、彼は銀行時代の経験、知識を元に刑務官に取り入り、味方につけ危険を回避しました。
刑務所というのはとにかく閉鎖的であり、何をするにも窮屈です。
彼は希望を持ち、困難に対して知識と行動力で乗り越えていきます。
また、彼は持ち前の粘り強さで刑務所の中に大きな図書室を作りました。刑務官に恩を売り、仲間たちにビールを振る舞うことで仲間を増やしていきます。

とにかく長い期間刑務所に入っていると、刑務所の中と外を分け隔てている塀に頼ってしまうようになります。
ブルックスは刑務所に50年以上もはいってます。やはり50年もはいってしまうと外界に対する希望を失ってしまいます。外に出た後に社会に適合できませんでした。
主人公は希望を持つことが重要だと言い、レッドは希望を持たないことが重要だという意見です。レッドはブルックスを見て希望を持つことをやめてしまったかもしれません。

この見方は自分の仕事に対する見方にも通じてくるような気がします。
仕事に希望を持つかどうか、持つことと持たないことでモチベーションや生産性に違いがあるかもしれません。
ちなみに自分は希望を持たない派です。レッドの方です。なるべくなら淡々と仕事を終わらせていきたい系です。

次は違う点からこの映画を見てみましょう。
この映画には印象に残る一人の俳優がいます。レッド。モーガンフリーマンです。
彼は調達屋として、刑務所の外から主人公の必要とするものを渡したりしますが、それと同時に主人公と深いつながりを持ちます。なんと言っても彼の落ち着いたたたずまい、声、仕草が主人公の相棒としての存在感を際立たせます。

この後の話は実際に映画を見てみた方が良いでしょう。
最後にこの映画は音声を英語で、字幕付きの方がレッドの落ち着いた声を聞くことができるので、是非字幕で見ましょう。

 

 

予想通りに不合理 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」 ダン・アリエリー(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

完全に合理的な人はいるのだろうか?
すべて正しい判断をする人はいるのだろうか?

著者は行動経済学を研究している大学の教授。行動経済学の研究の道に進んだのは18歳の時の大ケガがきっかけだった。大ケガの回復までに数年かかり、退院後に入った大学の講義からとのこと。

行動経済学とはウィキペディアによると経済学の研究手法で、心理学や社会学の成果を経済学の数学に取り入れることで従来の経済学の枠組みを広げている。

不合理な選択を行う場面を研究内容とともに紹介している。例えば、雑誌(エコノミスト)の購入画面の選択肢からそれぞれの項目の相対性に着目して人間の判断が選択肢そのものを元に選んでしまっていること気付く。
本来であれば、自分の必要なものから選択することが合理的であるのに、選択肢によって自分にとって必要無いものを選択してしまう。

さらには自分自らウェイターとなってビールを提供し、一つの事実に対して知識と経験のどちらが先に来ることで先の行動に影響が発生するのか調査を行っている。

また、無料の魔力をアマゾンの配送料の設定から解説し、先延ばしの仕方を大学の授業の課題締め切りの設定から解説している。
これらを読み進めていくと人間の判断の合理性を疑うことが多くなる。より低きに流れていくことがわかる。

この本を読み進めていくと自分の生活を見直ししてみたくなる。
自分も頭の中ではわかっていてもどうしても行動が伴わないことがある。これが行動経済学なのだろうか?

 

 

 

 

「福岡・中洲 真夜中の保育園」ドキュメント72時間

 福岡の中州には午前2時まで開園している保育園がある。
 番組では保育園での多種の家族、多様な場面が描き出されている。とある新聞記者夫婦には嫌々期の娘がおり、夫が単身赴任中。妻は一人で育てなくてはいけないという気持ちの元、子供と向き合っている。しかし、夫は金曜日に帰ってきて、夫婦そろって迎えに来てくれる。週末は家族みんなで過ごすのだろう。
 父子家庭は、お父さんが頑張っているのはわかるが、お弁当を作るのが苦手なのかちょっと残念な感じが出てしまった。しかし、自分が同じ立場だったときにお弁当を作ることができるのか非常に不安になる。
 遠足に行くときにお母さんがキャラ弁を一生懸命作ってきたが、お昼の時にはばらばらに崩れ、落ち込む子供。母はその話を保育士さんから聞き次回への決意を述べる。
 特に印象に残っているのは、お母さんとの別れ際に子供がワンワン泣いているのだが、お母さんがいなくなったとたん泣き止む。保育士さんはそんなもんだとの回答をしているところ。自分が少し泣きそうになったのに落ちがあって、その"泣き"を返してほしかった。
自分はどうだったのだろうかと考えてしまう。
恋愛がうまくいかず、一人で生きていく決心をしたことがある。母親の死とその葬儀の中で、家族を持つことの重要さに気づき、その後の幸運もあり、結婚・子育てをすることができた。自分としては精一杯やってきたつもりであるが、ここに出てくる家族のようにできていただだろうか、非常に考えさせされる番組であった。

「ニッポンの単身赴任」重松清(講談社文庫)

先日見た「幕末転勤物語」に出演していた重松清が単身赴任をしている20人の人生模様を描いたルポルタージュ重松清と言えばドラマの原作になっているイメージだったので、小説しか書いていないと思っていたらライターとしても結構書いているようだ。

幕末転勤物語の出演の際に単身赴任に関する本を出版していると紹介されていて気になったので、調べてみたら今回の本が出てきた。どうしても「転勤」だとか「単身赴任」というキーワードを見つけると気になってしまう。

いくつか気になった人を挙げてみたい。

 

①第四話「単身赴任エクスプレスの巻」

このお話の主人公は三菱自動車に勤務していたが、バストラック部門が分社化されて、その際にバストラック部門に移ったことになっている。昨年三菱自動車が日産の傘下になったが、どのように思っているのだろう。

 

②第六話「男女三人「島」物語の巻」

飯島夕雁の名前をどこかで見たことがあると思ったら、この単身赴任の後に(もしかしたら途中かもしれないけど)、郵政選挙で刺客として北海道の選挙区から衆議院議員に立候補した人だった。ついでにその後の情報も調べてみると、次の選挙で落選、その後は夕張市長選挙に立候補して落選していた。

この本が書かれたのは2002年前後でその当時青ヶ島だったが、仕事の経歴を見てみると場所を選ばないというか、1カ所にじっとしていられないように見えた。

 

それにしても北海道に関連する人が多いような気がする。本州内に住んでいて、転勤先も同じ本州内なのであれば家族帯同で転勤してしまうが、さすがに北海道までとなると単身赴任になることが多いのだろうか?そんなことを考えされられた。

また、他の人は2002年前後だとまだ珍しいホームページを開設したり、掲示板も開設している。ほかにも同じ単身赴任同士でBBQをしたり、旅行をしたりなかなか楽しんでいる人もいた。さらにはその単身赴任を支える妻、家族にフォーカスを当てたり、単身赴任者を支援(?)している飲み屋、さらには余計なお世話に見える不倫事情まで書き出していて、なかなかの読み応えだった。

海外への単身赴任も書いてあり、この頃一番の問題であったSARSの影響を受けてたまたま戻ってきた日本で足止めを食らったり、仕事にならなかったりで、そもそも海外への赴任、出張の難しさも知ることができる。

著者はほかにもサラリーマンに関する本を出しており、結構気になったので、引き続き読んでいきたいと思う。

 

「書いて稼ぐ技術」永江朗(平凡社新書)

 

1.フリーで生きていくことの誘惑

サラリーマン生活をしているとフリーの気楽さをうらやましく思ってしまう。
いやな上司に頭を下げなくても良いし、好きな仕事をしていれば良い。この本ではそんなフリーライターの仕事を垣間見ることができる。
特にフリーライターの魅力や仕事術などを中心に書いているがサラリーマンでも参考にしておくべきことがいくつもちりばめられている。

著者はフリーライターとして、長年仕事をしてきており、ルポルタージュやインタービュー本、ゴーストライターなどを行ってきており、今回の著書はフリーライターとしての今までのキャリアのまとめと、これまで携わってきた仕事を振り返っている。

 

2.書評の書き方


ブログなどで書評を書いている人にとってはこの「6ライターは読者の代行業である」が参考になる。著者は長年書評をしており、経験に基づいた書評術を身につけており、得た結論がタイトルにそのまま出ている。
タイトルの通り読者の代行として、その本がどんな本なのかを伝える方法を書評を例に具体的に書いてある。この内容に関しては実際に中身を自分で読んでみた方が良い。

 

3.世渡りの仕方

世渡りの仕方としてリスク管理とお金に関することに章を割いている。特にリスクに関する内容はサラリーマンでも参考になるものと思われる。特に「リスク分散術」という段落では一紙、一社に頼ることを危険だとしているが、これはサラリーマンでも同じことで、分散をなるべく図るべきだと自分は考えている。例えば、夫婦二人それぞれで仕事を持ち、どちらの会社がつぶれたとしても収入が入るようにする。
結婚というのは別の面もあり、それ自体がリスクになり得ることもあり、リスク回避にもなり得ることもあり、難しい判断が求められると思う。
それが難しい場合は収入保障をする保険があるので、保険に入ることも一つの選択肢である。

 

4.ゴーストライター


あまり詳細が語られることがないゴーストライターに関する情報も載っていてなかなか面白かった。本の出版までをプロジェクトと呼び、ゴーストライターへのインタビューや文章化、印税の分配まで詳細に説明している。


5.参考


 参考としてこの本と似た本を挙げる。
 「ラクをしないと成果は出ない」日垣隆(だいわ文庫)
 こちらはジャーナリストだが、リスク管理など共通の話題がいくつかある。