読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ニッポンの単身赴任」重松清(講談社文庫)

先日見た「幕末転勤物語」に出演していた重松清が単身赴任をしている20人の人生模様を描いたルポルタージュ重松清と言えばドラマの原作になっているイメージだったので、小説しか書いていないと思っていたらライターとしても結構書いているようだ。

幕末転勤物語の出演の際に単身赴任に関する本を出版していると紹介されていて気になったので、調べてみたら今回の本が出てきた。どうしても「転勤」だとか「単身赴任」というキーワードを見つけると気になってしまう。

いくつか気になった人を挙げてみたい。

 

①第四話「単身赴任エクスプレスの巻」

このお話の主人公は三菱自動車に勤務していたが、バストラック部門が分社化されて、その際にバストラック部門に移ったことになっている。昨年三菱自動車が日産の傘下になったが、どのように思っているのだろう。

 

②第六話「男女三人「島」物語の巻」

飯島夕雁の名前をどこかで見たことがあると思ったら、この単身赴任の後に(もしかしたら途中かもしれないけど)、郵政選挙で刺客として北海道の選挙区から衆議院議員に立候補した人だった。ついでにその後の情報も調べてみると、次の選挙で落選、その後は夕張市長選挙に立候補して落選していた。

この本が書かれたのは2002年前後でその当時青ヶ島だったが、仕事の経歴を見てみると場所を選ばないというか、1カ所にじっとしていられないように見えた。

 

それにしても北海道に関連する人が多いような気がする。本州内に住んでいて、転勤先も同じ本州内なのであれば家族帯同で転勤してしまうが、さすがに北海道までとなると単身赴任になることが多いのだろうか?そんなことを考えされられた。

また、他の人は2002年前後だとまだ珍しいホームページを開設したり、掲示板も開設している。ほかにも同じ単身赴任同士でBBQをしたり、旅行をしたりなかなか楽しんでいる人もいた。さらにはその単身赴任を支える妻、家族にフォーカスを当てたり、単身赴任者を支援(?)している飲み屋、さらには余計なお世話に見える不倫事情まで書き出していて、なかなかの読み応えだった。

海外への単身赴任も書いてあり、この頃一番の問題であったSARSの影響を受けてたまたま戻ってきた日本で足止めを食らったり、仕事にならなかったりで、そもそも海外への赴任、出張の難しさも知ることができる。

著者はほかにもサラリーマンに関する本を出しており、結構気になったので、引き続き読んでいきたいと思う。